WARRANTED TO BE A PENDLETON

PENDLETON WOOLEN MILLS(ペンドルトン・ウーレン・ミルズ社、以下「ペンドルトン」)は、1863年に創設者のトーマス・ケイがアメリカ・オレゴン州に設立したアメリカ初の毛織物工場をルーツに持ち、160年以上も続くファミリーカンパニーとしてポートランドを拠点に、国内の生産者と連携しながらアメリカ北西部にあるふたつの自社工場でワールドクラスのウールを作り続けています。

そんな高品質のウールをベースに、インディジネスピープルズ(ネイティブアメリカン)との交流から生まれたアイコニックなデザインを独自の高度な技術力で実現したトレーディングブランケットや、時々のアメリカンカルチャーを形作ってきたアパレル製品、豊かな時間を彩る上質なホームウェアなど、移りゆく時代の中で多様な製品を開発しながらライフスタイルブランドとしての伝統を紡ぎ、アメリカンスタイルのスタンダードを築いてきました。

長い歴史の中でペンドルトンと関わるすべての人と共に培ってきた経験や想像力、そして品質への徹底したこだわりは、「WARRANTED T O BE A PENDLETON=ペンドルトンであることを保証する」というスローガンに裏打ちされ、これまでもこれからも変わらずに、「アメリカの良心」としてすべてのペンドルトン製品に織り込まれています。

HISTORY

アメリカ最古のアパレルブランドが誕生

トーマス・ケイの娘ファニーが小売商のビショップと結婚し、製造・小売の両方を手掛ける企業として事業を開始する。

PENDLETONブランドが誕生

ビショップの3人の息子たちが遊休状態となっていたペンドルトンの町にある工場を刷新し、現地のインディジネスピープルズとの交流を深めながら、彼 / 彼女らが使ってきた伝統的なパターンをベースにしながら独自の色鮮やかな柄のブランケットを開発し、彼・彼女らから幅広い指示を受ける。現在では、100以上のパターンが展開されている。

ファッションに特化した軽量ウールを開発

インディジネスピープルズへのブランケット製造と並行して、ファッショントレンドにも注目。ワシントン州にある繊維工場を購入し、それまでなかったファッショナブルな薄手のウールを開発、スーツ生地などの製造も開始する。また、1920 年代になると自動車の登場により、より広い層にブランケットも受け入れられていく。

メンズアパレルをフルラインナップ

ハンティングシャツなどとして知られる「SPORT SHIRT」ラインなども加わり、メンズアパレルをフルラインナップ。その後、第二次世界大戦が始まり、政府の要請によりアメリカ軍用の軍服やブランケット、寝袋の製造なども手掛ける。

レディースアパレルをフルラインナップ

レディースラインのひとつとしてリリースされたシンプルでカジュアルなデザインの「49er JACKET」が、戦後のアメリカで始まった郊外でのライフスタイルに憧れる女性たちから熱烈な支持を受け、ユニセックスなファッションブランドとしても広く受け入れられるようになる。

洗濯可能なウールの気合い発に成功。
サーファーのユニフォーム的存在に。

アメリカの若者を中心に「洗えるウールシャツ」が大ブームとなり、ビーチボーイズの流行と共に、チェックシャツがサーファーのユニフォーム的存在として広く受け入れられる。

PENDLETONブランド誕生100周年

ブランドの原点であるインディジネスピープルズとの交流にオマージュを捧げ、ブランド誕生100周年を記念してブランケットをベースにしたコレクションを展開する。
*右下の写真は、1910年から毎年開催されているアメリカを代表するロデオイベント「ペンドルトン・ラウンドアップ」の様子。

創業160周年、ハーディングパターン誕生100周年

1923年、ウォーレン・G・ハーディング元アメリカ大統領夫妻が西部を巡り、オレゴントレイユの一部を献納するためにオレゴン州を訪問した際に、カユーズ族とユマティラ族からハーディング夫人に贈呈されたショールのためにデザインされた「ハーディングパターン」は、ペンドルトンを代表するデザインの一つ。その誕生から100周年を記念した「ロイヤルブルー」コレクションを発表。

ヴァージンウール製のシャツ発売から100周年

ブランケットと並ぶペンドルトンの重要なアイデンティティのひとつとしてその在り続け、アメリカンスタイルのスタンダードを形作ってきたヴァージンウールシャツの誕生から100年を記念して、オリジナルのチェック柄などからインスパイアされたカプセルコレクションを発表予定。ペンドルトンは、「アメリカの良心」としてこれからも進化を続けていきます。